活断層について学んで関東地震を予測を可能にする方法

活断層の動きに注目

特異な前兆とは

女性

関東地震といえば1923年に発生した関東大震災が有名ですが、江戸時代の元禄大地震もまた大きな被害をもたらしました。
これらの関東地震は相模トラフの断層が原因とされており、数百年ごとに繰り返されてきたことが判明しています。
地殻のずれが少しずつ断層に蓄積されていき、限度を超えたとき一気に大きなエネルギーとなって放出されます。
ただし何年で限度を超えるという法則はなく、予測するのは簡単ではありません。
もちろん関東地震の原因は相模トラフだけではありません。
日本には至る所に活断層があって、それぞれが大小の地震を引き起こします。
特に南関東には活断層が多いことから、直下型の地震が多発する懸念があり、南関東直下地震と総称されています。
地震は地殻変動が原因なので、地面の微妙な動きを観測すれば、次の関東地震を予測できるという説があります。
この考えに基づいて、一部のサイトでは予測情報が提供されています。
また大地震の前には、小規模な群発地震が起きるケースがよくあります。
必ず大地震が来るとは限りませんが、小さな地震が何日も続くときは要注意と考えられます。
地磁気の影響で雲や虹に変化が起きるとか、魚や鳥などの行動に異常が見られるといった説も、昔から信じられています。
ひとりの目撃情報だけでは十分とは言えませんが、近年ではSNSの普及により、多くの人が情報を共有できるようになっており、このシステムを利用した地震予測も行われています。

想定するためには

タブレット端末

日本は地震大国であり毎年被害が出る地震が発生していますが、特にリスクが高いとされるのが関東地震です。
関東地震は関東地方で起こる地震で内陸型の地震から東海地震などのプレート型まで大きな地震が起こる可能性があります。
このためさまざまな予測システムが開発されており、世界から見ても予測サービスが充実している地域といえます。
従来の地震予測といえば長期的に10年以内、20年以内に何%といったものが中心ですが、このような予測は当てになるものではなく、あくまでも地震が起こった際の対処方法を策定する程度に留まり、地震によって発生する損失を回避できるものではありません。
このため近年では10年、20年といった単位ではなくより短期間の地震予測が関東地震を対象に提供されています。
関東地方は、世界でも有数の経済活動の活発な地域であり短期間の地震予測は重要視されます。
一方で関東地震は注目されている地震でもあり観測機器や予測方法も充実しています。
このためビジネス向けの地震予測サービスが提供されています。
特にインターネットによって各地の観測情報を集約することができ、その予測精度は高まっています。
地震予測によって地震が起こりやすい期間中は流通量を減らすといったことや微細な振動が発生すると問題が起こる機器などの使用を停止するといったことで地震によって発生する損害を最小限にすることができますし、観測情報で問題がない状態が確認できれば安心に繋げることができます。

不測の事態でも対応可能に

波線

全国各地で大きな地震が頻発していますが、何も無いところで突然発生しているわけではありません。
ぶつかり合ったプレートの崩壊で発生しますが、長い年月をかけて大地震に至るのです。
巨大な関東地震も期間が開いていることから、次の発生も近いといわれており、予測と避難準備に対する関心が高まってきています。
予測に関する話題はうわさで広まることもありますが、根拠が示されていない情報は信用するべきではありません。
現代の関東地震予測は電磁波といったシグナルをキャッチし、機器を活用して分析発表するシステムです。
いずれも会員向けサービスとして運用されていますので、最新の関東地震情報を求める際は登録がおすすめでしょう。
予測情報を確認して防災意識を高めるのも大切ですが、関東地震発生時の避難にいかすことが最大の目的です。
ポイントは発生時に自分がいる場所と最適な避難方法を検討する点にあり、時間の猶予があるうちに様々なシーンを想定します。
例えば狭い室内にいる場合、ドアが破損すると出られなくなりますので、地震の規模にかかわらず、開放するクセを付けるのも1つの準備です。
また、誰かが閉じ込められた場合、こじ開けるバールやハンマーも役立ちます。
避難グッズをそろえることも重要ですが、不測の事態は事前計画によって解決可能です。
このほか、関東地震の際は多くの人が被災すると見込まれているため、インターネットや電話が使えないことを想定するべきでしょう。
家族や親族とグループの集合場所をいくつか設定し、いつでも協力できる体制の構築も重要です。