活断層について学んで関東地震を予測を可能にする方法

大地震に対して備えを

身を守る行動が取れる

大人と子供

近年は微弱な地震から震度5程度の比較的大きな地震まで、様々なタイプの地震が起こっています。
こうした地震が起きる数は、統計的に見てもかなり多く、大地震の前触れではないかと多くの人に心配の種を植え付けています。
そのような中、特に起こる可能性が高いと言われているのが関東地震です。
関東地震の中でも南関東のあたりに危険性が高いと言われており、東日本大震災と同規模の災害になるおそれもあると言われています。
このような情勢を受け、地震を予測しようという研究が活発になってきています。
従来から地震予測の研究は一部で行われていたのですが、それに対する世間の目は冷ややかでした。
眉唾もの、オカルトといった見方をされることが多かったのです。
ですが、特に最近の地震予測は科学に基づいたものであり、かなりの精度になってきています。
関東地震の危険性が高いということもこうした地震予測から得られた知見です。
地震予測を利用すれば、あらかじめ危険性を知ることで備えを行っておけるので、いざ地震が起きるという時でも命を守れるでしょう。
いずれ関東地震が来るからといって、すぐ引っ越したり家を建て替えたりできる人は少数です。
そもそも全国に地震のおそれはあるので非現実的ともいえます。
ですが、予測することで、防災時の備えをしたり、いざという時に火を消したり頭を守ったりして安全と命を守る行動をしたりできます。
危険性を常に認知しておくだけでも大きな効果があるといえるでしょう。

備えを万全にしよう

防災グッズ

2011年に起こった東日本大震災を中心に宮城では7回、栃木では6回、そして千葉では5回大きな地震が多発しています。
首都直下型地震は南関東を中心に起こると予測されています。
直近の300年で起こった関東地震の内、M7以上のものが9回ほど起こっています。
主な関東地震の一つに1703年にM8.2クラスで起きた元禄関東地震があります。
1855年に起きた安政の江戸地震ではM7の規模でした。
死者は共に1万人ほどといわれ、時代背景によって人口や建物の倒壊の規模が異なるため、関東大震災の10分の1ほどの死傷者でした。
明治期にも東京地震が1894年に起こっており、M7の規模にもかかわらず死傷者は少なく、起こった地域によっては人に対する被害の規模も変わっていきます。
1923年の関東大震災では10万人もの人が命を落としました。
今後、関東でM7規模の地震が発生する確率は今後30年で70%程と予測されています。
元禄の関東地震から関東大震災に至るまで、フィリピン海にあるプレートの境目にずれが生じ、特に南関東から東南海地域に大きな地震の予測が建てられています。
被害は人口が密集した地域と地方では異なるため予測は難しいですが、交通機関や建物に震災時の備えを万全にしておき、少しでも被害を少なくできるように日頃からの注意喚起が大切となります。
火山の噴火や気象情報の変化からも予測がされているので、常時関心を持って生活していきたいものです。
近年は地震に関する研究が進み、個人でも発生予測を配信する人が出てきました。
中には、地震発生を数週間も前に告知してくれるようなアプリもあるので、ダウンロードして備えておきましょう。

過去にも地震雲を確認

崩れた住宅

関東地震が発生した場合は首都直下型となるため、ライフラインの停止や交通障害はもちろん、経済の麻痺や政治の混乱などで大規模なパニックになると予測されています。
この関東地震は、今後30年以内に60〜70パーセントと非常に高確率で発生すると言われており、これに対するさまざまな対策が検討されています。
現在では地震予測システムの精度も向上しており、微弱な震動でも検知できる技術が整ってきています。
しかし私たちの日常の生活でも地震の予測は不可能ではありません。
未だ科学では解明できていない部分もたくさんありますが、地震の発生前には、自然界に何らかの異変が起こることが確認されています。
その中でもよく話題になっているのが地震雲で、地殻の変動により地殻同士が摩擦される際に電磁波が発生して上空の雲に影響を与えていると言われています。
実際に1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震でも地震雲が確認されていました。
現在では、東日本大震災発生後から、地震雲は大きな地震の前兆として広く認知されるようになり、予測対象のひとつとして関心が高まっています。
関東地震を私たちが予測するには、地震雲は大きな役割を果たすかもしれません。
自然の力で判断することもできますが、近年の科学技術も大きく進歩しています。
国だけでなく個人でも地震に関する研究を進めている人は多く、地震発生を予測して知らせてくれるアプリも配信されています。
中には、地震発生の数週間前に通知してくれるようなアプリもあるので、関東地震の対策の一つとしてダウンロードしておくと良いでしょう。